Heroku add-onのMongoHQでMongoDBを管理する方法

以下の2通りの方法があります。前者は通常のMongoDBと同様なのでこの記事では割愛して、後者のMongoHQのWebコンソールによる管理方法を紹介します。

  • ターミナルからmongoコマンドで接続して管理

    • MongoHQから提供されたインスタンスのURLに接続します。通常のMongoDB管理と同様なので割愛します。
  • MongoHQのWebコンソールで管理

    • 以下で説明します。

1.MongoHQのダッシュボードへログイン

以下の画面は無料プランのSandbox環境です。有料プランのダッシュボードはより高機能になります。

f:id:slowquery:20131228160220p:plain

herokuのWebコンソールの各アプリのAdd-on管理画面でMongo HQをクリックするとMongo HQのWebコンソールに遷移します。

2.Admin画面

  • 接続先URLの確認、ディスク使用状況確認、ユーザ管理などが行えます。

    f:id:slowquery:20131228160730p:plain

3.Collection画面

  • クエリ実行、ドキュメント追加

    f:id:slowquery:20131228160636p:plain

  • コレクションの統計閲覧・追加・削除・名前変更

    f:id:slowquery:20131228160656p:plain

  • インデックス管理

    f:id:slowquery:20131228160709p:plain

以上

広告を非表示にする